カラーで分析。あの人♡この人♡どんな色?

もう5月も終わりが見えて、そろそろ6月。
梅雨ですねぇ☔
去年の今頃は、☔の土砂降りの中、子供のお迎えに行きながらずぶ濡れだったなぁ( ´艸`)
そんなことを思いながらのブログです。

最近、人との繋がりで自己紹介をすることがボチボチあり
『不登校の支援とカラーセラピストをしています』
と話すと、結構な確率で『不登校支援』に興味を持っていただける機会が多くなっています。
ありがたや~♡ありがたや~♡

とは言っても、私はカラーセラピスト(色彩心理カウンセラーなのだよ!)で
なんで不登校支援のお仕事?
教師じゃないのに?
ってたまに言われるんですよねぇ。笑
教師だけが不登校生徒を減らせるわけじゃないですよね。
いろんな業種で色んな知恵や知識があって減らしていけるわけで
そのうちの一つがコミュニケーション色彩心理学って話。

私の場合は、学校現場に入って学校内で面談をしたり、生徒の相談にのったり、
または保護者の相談相手や学校との繋ぎの役割だったりと
色んな方との連携を必要とする業務を行う支援員です。

先生や保護者、子供達には色んなタイプの方がいるので
言葉一つでも全然違う解釈をされる場合があります。
より良い支援を行うために、コミュニケーションを取る手段として
相手を色で分析して声掛けや接し方をしています。

『この人は〇色だから、理論的に真面目に話そう』
『この人は〇色だから、おおげさなぐらい褒めよう』
『この人は〇色だから、名前をつけて話をしよう』
『この人は〇色だから、聞くことに徹しよう』

とか・・・・
人として見ると感情(私情)が入るけど、色に置き換えて分析してみると
苦手な人でも私情を入れずに話が出来るようになるんです°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

分析しすぎて話聞いてないこともあるんだけど
その分析している瞬間が一番楽しかったりもします。
だから、真面目な学校現場にいても苦じゃないんです(^_-)-☆
このカラーセラピー:カラーメンタリングというのを学んでからは
人間関係につまずいたこと無いと記憶している!!!

私のメンタルもあるんだろうけど、ほんと考えても一瞬。
色で分析するから、『だよね。んじゃどの声掛けしよっかな』で済むんです笑

不登校支援の仕事だけでなく、どの世界でも使えるコミュニケーション色彩心理学。
環境や周りの人で変わる色。自分も相手も何色かが分かるだけで
仕事もプライベートの繋がりも視野も広くなりますよー(^^♪

Message From・・

キュービック カラーセラピスト
ごうはら りえ

人間関係の違和感や悩みからくる
「心の孤独」を感じているママや女性へ。
色彩心理学「キュービック」を使って
自分の感情に素直に向き合い、
豊かなコミュニケーションで
「心の孤独」からの解放をサポートします。

カラーやコミュニケーションなど
ママの心が軽くなるメッセージを
配信中です!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次